くせがあまりなくても縮毛矯正をあてるべき理由と縮毛矯正後のお手入れ方法をご紹介

よく読まれています


デザインカラー、ハイライト、グラデーション、インナーカラー、トリートメント縮毛矯正、ストレート縮毛矯正、オッジィオット、炭酸泉ヘッドスパなら小野市のヘアサロン マテリカヘアーデザイン

↓↓24時間対応インターネット予約↓↓

ご予約やヘアスタイルに関するご相談はLINEからも便利です

 
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
 

こんにちは。マテリカヘアー の増山です。

今日は髪がサラサラに扱いやすくなる縮毛矯正についてお話しします。

縮毛とはくせ毛のことですね。くせのある髪質だとなかなかまとまらなく、

髪がパサパサになってしまったり、膨らんだりしてしまいますね。

 

くせ毛をそのまま手入れせず、放置してしまうと『寝起きのままの状態!?』とか『寝グセがひどいよ』とか

言われてしまうこともあるかもしれません。

 

そのために一生懸命、寝る前にしっかり乾かしたりブローしたり、朝起きてからアイロンで整えたりしないといけないのですが、

これって結構大変な作業なんですよね。。

 

夜は早く寝たいし、朝はバタバタして忙しいから髪のお手入れをする時間の確保って結構大変だったりするし。

そんなに強いくせ毛ではなくても、広がりやすい髪質であるとか、まとまりにくい髪質なら同様です。

 

くせがそんなに強くないけどまとまりにくい髪に縮毛矯正を当てるのはおすすめ?

 

個人的には縮毛矯正はくせ毛の方のみならず、髪がまとまりにくいという多くの人が当てることをおすすめします。

縮毛矯正をかけることによって、くせ毛はもちろんのこと、まとまりにくくおさまりにくい髪もサラサラに、
自分でブローやアイロン作業を頑張らなくてもサラサラのまとまった状態になれます。

縮毛矯正をすることは髪が綺麗に見えるのでとてもおすすめです。

 

縮毛矯正はくせ毛の方のみ対象となるのではなく、

まとまりにくい髪質なら誰でもあてるべき対象となります。

関連記事:【くせ毛対策記事】私の髪は縮毛矯正あてるべき?湿気や雨の日のくせ毛対策で縮毛矯正をあてるべき髪質について

 

髪のくせがあまりない方でも縮毛矯正をあてるメリット

こちらではくせがあまりない方でも縮毛矯正をあてるメリットについてご説明します。

 

 

【縮毛矯正をあてるメリット】

①ブローやアイロンなどのお手入れの時間がカットできる

②自分でブローやアイロンするよりツヤが出てキレイ

メリットやデメリットを考慮した上でやるかやらないか検討してみてください。

 

①ブローやアイロンなどのお手入れの時間が削減できる

まとまらない髪のままだと、ブローやアイロンをしないと髪がはねてしまったり、広がってしまいがちですが

縮毛矯正後は扱いやすいまとまったサラサラの髪質になりますので

毎晩毎朝、一生懸命ブローやアイロンをしていた時間が削減できます。

これで朝もリラックスした状態でお出かけの支度ができますね。

 

②自分でブローやアイロンするよりツヤが出てキレイ

縮毛矯正後はアイロンやブローをしなくても

乾かすだけでまるでブローやアイロンをしたような、いやそれ以上の劇的なツヤツヤの柔らかい髪質へと変身します。

日々アイロンで同じような仕上がりを出そうと思ったら、毎日20分のアイロン施術が必要です。

サラサラストレートを形状記憶させる施術になりますので、乾かすだけで上質なストレートヘアが完成されます。

関連記事:クセを伸ばすヘアサロンの縮毛矯正の工程まとめ

 

施術時間が2時間半から3時間ほどいただきます

縮毛矯正は、上記の通り髪にサラサラストレートの状態を形状記憶させる施術になりますので

他のヘアカラーやパーマよりもより繊細な技術を用いて施術します。

ですので、所要時間が2時間半、毛量や髪のながさ、クセの強さ、ダメージ具合などにより

3時間以上かかる場合もございます。

どうしても滞在時間が長くなってしまいますが、

その時間をかけてでも得られるメリットはございます。

 

 

施術後は扱いやすい髪に変身!ただし、ご自身でやってもらうことはあります

縮毛矯正の施術後はアイロンやブローが全くいらなくなりますが、

サラサラ髪を長期間キープしていただくためにも、最低限ご自宅でやってもらうことがあります。

 

自宅でしていただくこと

・きちんと毎日洗ってトリートメントをつける

・きちんと毎日、完全に乾くまでドライヤーで乾かす

 

 

きちんと毎日洗って、トリートメントをつける

日常生活の中でも縮毛矯正後の髪にとって悪影響なのが『乾燥』と『紫外線』

これらの影響を受けてしまった髪に対して、シャンプーの泡で優しく洗い、

トリートメントをつけて油分をしっかり補給します。

日中に失われた油分は夜にしっかり補給しましょう。

関連記事:『お家ケア』正しいトリートメントのつけ方とは?

 

きちんと毎日、完全に乾くまでドライヤーで乾かす

洗い流さないタイプのヘアオイルトリートメントも必須です。

ドライヤーで乾かす前に、1、2プッシュのオイルを髪になじませてから

完全に乾くまで乾かしてください。

縮毛矯正後の髪は水分を嫌います。

油分を補給して、しっかりと脱水させておきましょう。

関連記事:ヘアオイルの使い方、間違っていませんか?効果が出るためのヘアオイルの正しい使い方とは

 

まとめ:3時間で劇的に楽チンでサラサラになれるならおすすめです

3時間の所要時間は少し長いですが、毎日のことを考えると

3時間なんてあっという間に消化できるくらい時間的コストは節約できると思います。

なにより、扱いに困ってしまっていた髪に対するストレスが一気に解消され

扱いやすくなり、いつまでも触っていたくなるようなサラサラ髪で毎日過ごすことができるので素晴らしいことだと思います。

 

インターネットからの予約ができるようになりました!

↓↓ご予約やご相談等はLINE@からもお気軽にどうぞ!!↓↓

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

The following two tabs change content below.

増山亮吾

Ownerマテリカヘアーデザイン
兵庫県小野市のヘアサロン マテリカヘアーデザイン代表美容師 ハイライトやグラデーションなどのヘアカラー『デザインカラー』や くせ毛の髪質を改善する『トリートメント縮毛矯正』に特化しております。 特に縮毛矯正では、くせ毛で悩む多くの方への施術により 圧倒的な経験値が強みとなっております。 女性がキレイであり続けるため、いつまでもキレイな髪づくりと健康的で美しくありつづける女性のライフスタイルを応援します。