美容師が集まる夜の姫路ダブルカラー講習

よく読まれています

14views
12views
10views
8views

ダブルカラーとは?

ヘアカラーの際通常のカラーでは発色しない明るさや、色味の彩度を出すために

ヘアカラー施術を2回続けて行うヘアカラー技術。

1度目はブリーチなどで脱色、脱染の施術。

2度目は色をのせて狙った色味の発色。

https://instagram.com/p/BKHrcS8DfzU/

通常のヘアカラーの限界の明るさや、限界の彩度の領域をさらに飛び越えるので、デザインの幅も広く

かなりの透明感ある仕上がりも可能です。

ただ、

この技術はとても難しい。

ブリーチ剤の細かく繊細な塗布テクニック、

薬剤の適切な選定、

薬剤浸透の時間管理や発色の見極めなどなど

通常のカラーに比べてとても高度な技術と知識、経験を必要とします。

美容師さんによってはこのダブルカラーを嫌う人や全くしないという人もいるくらい。

いろんな面で難しいからですね。

中にはそれを好み得意とするヘアサロンや美容師もいます。

先日は姫路にて。

【sowi hair design】さんにお邪魔してます。

sowiさんはダブルカラー推しの店。

ダブルカラーのブリーチを使う比率8割とか。

かなり戦闘力高い美容師の集団。

sowiさんのブリーチ推し美容師 長谷川聖太君

http://instagram.com/sowi_hasegawa

姫路の美容師達が集まる日曜の営業後

sowi式のブリーチコントロール技術や

様々なケースに対応するためのマル秘テク、

薬剤、色彩の選定方法

仕上げから

撮影まで

https://instagram.com/p/BP2gLJ7BI0e/

2時間ちょいでかなり難しい技術と話を一気にまとめる長谷川君。

他の美容師が見てるかなりハイプレッシャーの中で

難しいブリーチカラー技術の披露。

この状況ならメンタルの消耗も凄いのにブリーチカラーとか難しい技術をやれるのはやはり長谷川君自体が優れた美容師だからですね。

こういう機会や環境は
教えてもらう側もですが
教える側も若手美容師が大きく成長できる。

教えながら気づくこと、感じること、
それこそがまた美容師としての技術、経験、知識そして魅力を大きく伸ばすでしょう。

僕は僕で、ブリーチカラー技術だけではなく
若手の育成という面でも非常に勉強になりました。

長谷川君ありがとう。

Instagramインスタグラム

RELATED POST関連する記事