皆さんはカラーする際、何に重視しますか?美容師がカラー際に重視する3つのポイントとは?

よく読まれています

17views
17views
16views
16views

こんにちは。

マテリカヘアーデザインの代表美容師

 

増山です。

 

今日はヘアカラーのこだわりをご紹介します。

S__15654917

僕がヘアカラーをするときは、

 

髪色の明るさはどうするか?

色による雰囲気はどうするか?

季節やファッションとの連動性

 

を考えます。

S__15654918

 

ちなみに、カウンセリングではじっくり話し合ってからカラーレシピを考えるのですが、

こちらからお伺いするのは

明るめがいいか、暗めがいいか

苦手な色

をまず確実に聞いて、

好みのファッションとかも伺ったりしてから

「こんな色にしてこんな感じになるのはどうですか?」

とご提案するようにしています。

S__15654915

 

つまり、

お客様にあまりどんな色がいいですか?

という感じの聞き方はあまりしないように心がけています。

 

 

S__15654919

 

お客様の立場を考えると

色を問われても、ヘアカラーとしての色のイメージが湧きにくいし

ファッションとか、なりたいイメージとかの連動性がつけにくく、

美容師側から

「色味はどうしますか?」

と聞かれてもお客様は答えにくいかなと僕は思うのであって、

ご提案をするようにしています。

 

 

 

もちろん、ご提案した内容がすべて正しいわけではなく、

あくまでもお客様がそのカラーが「好き」という前提ですので、

お客様に決めていただいた上で施術開始です。

 

 

明るさに関してはお客様が一番ヘアカラーでわかりやすい選択肢であり重要な要素をもっているので

明るいめが好きか暗いめが好きか、お伺いします。

 

 

あとはやはり季節によってメイク、ファッションもかわるし、

質感(髪を軽やかにみせたいか、重厚感あるように見せたいかなど)

やお客様の雰囲気(肌や瞳の色)にフィットするようにオススメしています。

S__15654916

たとえば、

人気のアッシュ(ブルーベースの色)でも

アッシュブラウンとか

暗く、濃いめのアッシュ、

明るい、薄めのアッシュ、

赤みが全くない灰色ずんだアッシュとか様々なので

そこはお客様の雰囲気を重視します。

S__15654922

 

まだまだ、

お客様にとってカラー前のカウンセリングのやりとりは

なかなか分かりにくい部分もあるとは思いますが

できるだけわかりやすく伝えていくために

日々のサロンワークを通して

より思慮深く過ごしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ストレートパーマのキャンペーンも行っております!
梅雨対策のサラサラストレートにはお早めに~

ストレートスタイルキャンペーンはコチラをご覧下さい!

 

 

フットネイルキャンペーン開催中♪
足元オシャレでテンションup(^^)

フットネイルキャンペーンはコチラをご覧下さい!

 

 

 

 

ヘアアレンジモデル、メイクモデル募集しております。

お店のご予約状況が、落ち着いている時に随時Twitterで募集しますので
ヘアアレンジ体験してみたい方はTwitterフォロー後、ご連絡くださいね。
よろしくお願い致します!

 

ヘアアレンジモデル募集のツイッター
@ryogo_masuyama

 

Instagramインスタグラム

RELATED POST関連する記事