『梅雨時期』湿気に負けない。クセ、うねり、広がりを簡単にケアする方法とは?

よく読まれています

14views
12views
10views
8views

『梅雨時期』湿気に負けないクセ、うねり、広がりを簡単にケアする方法とは?

 

 

ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

わたくし小野市 美容院 マテリカヘアーデザインのイヌイユウタと申します!

 

初めてブログをご覧いただく方もいらっしゃると思います。

 

『新メニュー』話題の頭浸浴で髪や身体もととのえてみませんか?


 

『新メニュー』話題の頭浸浴で髪や身体もととのえてみませんか?

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yuta.jpg” name=”乾”] 6月で梅雨入り間近ということでみなさん梅雨時期は様々な髪のお悩みはないでしょうか? [/speech_bubble]

 

僕自身は梅雨時期は、湿気の影響でジメジメして髪もペタンとなるので嫌いです。

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yuta.jpg” name=”乾”] そこで梅雨の時期に役立つ内容をまとめてみましたのでぜひご覧ください! [/speech_bubble]

 

梅雨時期のお悩みの原因は?

 

 

梅雨時期の髪のお悩みとして多いのが髪が広がってしまうことやクセが出ることです。

 

「外気の湿気で毛髪内部の水分量が増える」のが原因なんですが水分量が増えると髪が膨らみで広がりやすくなってしまいます。

 

そこで雨の日や湿気の多い日の髪の広がりを抑えるには、出かける前にしっかりとブローしたり、トリートメントで髪の水分バランスをコントロールするのが大切になってきます!

 

 

そこで簡単な方法としては洗い流さないトリートメントをつけて乾かすと髪の広がり、くせ毛、うねりもケア出来ます。

 

洗い流さないトリートメントを使用したケア方法とは?

 

 

まず洗い流さないトリートメントで表面をコーティングしうるおいを閉じ込めます。

 

その後タオルドライの状態で軽くつけさらに乾いた状態にもう一度塗布することでしっかりと髪の保護をすることが出来ます。

 

洗い流さないトリートメント後のドライヤーのオススメな使い方は?

 

 

ドライヤーは根本から毛先へ向かって髪をとかすように乾かします。

 

ダメージが入ってる毛先は乾燥がしやすいので出来るだけ根元の方から乾かすのが理想です!

 

ある程度乾いたら冷風に切り換えて、さらに髪の表面をとかしながらブローします!

 

冷風をあてることで、髪のまとまり感やツヤがアップして髪がとてもキレイになります。

 

それでも髪が広がったりクセが強くて気になる方には髪質改善ストレートパーマをオススメします!

 

こんなお悩みをお持ちの方にストレートパーマがオススメです!

 

 

・朝の時間が無くて楽に手入れをしたい。

 

・したことはあるがまっすぐ過ぎる、硬くなるのが嫌

 

・クセ毛を自然に収まるようにしたい

 

・髪をキレイに見せたい。

 

という方、ぜひお任せください!

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yuta.jpg” name=”乾”] 当店の縮毛矯正は【技術への細かいこだわり】がたくさんつまっています。 [/speech_bubble]

 

 

髪の長さやカタチ、髪質などに合わせ、あなたに似合うバランスを重視し薬剤や数種類のトリートメント剤を使っていきますので一人一人オーダーメイドでのデザインをお楽しみいただけます!

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”yuta.jpg” name=”イヌイユウタ”] 梅雨の時期の髪の広がり、パサつき、クセ毛が気になる方はぜひお任せください! [/speech_bubble]

 

【縮毛矯正をあてるメリット】

 

①ブローやアイロンなどのお手入れの時間がカットできる

 

②自分でブローやアイロンするよりツヤが出てキレイ

 

メリットやデメリットを考慮した上でやるかやらないか検討してみてください。

 

①ブローやアイロンなどのお手入れの時間が削減できる

 

まとまらない髪のままだと、ブローやアイロンをしないと髪がはねてしまったり、広がってしまいがちです。

 

縮毛矯正後は扱いやすいまとまったサラサラの髪質になりますので毎晩毎朝、一生懸命ブローやアイロンをしていた時間が削減できます。

 

これで朝もリラックスした状態でお出かけの支度ができますね。

 

②自分でブローやアイロンするよりツヤが出てキレイ

 

縮毛矯正後はアイロンやブローをしなくても乾かすだけでまるでブローやアイロンをしたような、いやそれ以上の劇的なツヤツヤの柔らかい髪質へと変身します。

 

日々アイロンで同じような仕上がりを出そうと思ったら、毎日20分のアイロン施術が必要です。

 

サラサラストレートを形状記憶させる施術になりますので、乾かすだけで上質なストレートヘアが完成されます。

 

施術時間が2時間半から3時間ほどいただきます

 

縮毛矯正は、上記の通り髪にサラサラストレートの状態を形状記憶させる施術になりますので他のヘアカラーやパーマよりもより繊細な技術を用いて施術します。

 

ですので、所要時間が2時間半、毛量や髪のながさ、クセの強さ、ダメージ具合などにより3時間以上かかる場合もございます。

 

どうしても滞在時間が長くなってしまいますがその時間をかけてでも得られるメリットはございます。

 

施術後は扱いやすい髪に変身!ただし、ご自身でやってもらうことはあります

 

縮毛矯正の施術後はアイロンやブローが全くいらなくなりますがサラサラ髪を長期間キープしていただくためにも、最低限ご自宅でやってもらうことがあります。

 

自宅でしていただくこと

・毎日洗ってトリートメントをつける

 

・毎日、完全に乾くまでドライヤーで乾かす

 

きちんと毎日洗って、トリートメントをつける

 

日常生活の中でも縮毛矯正後の髪にとって悪影響なのが『乾燥』と『紫外線』。

 

これらの影響を受けてしまった髪に対して、シャンプーの泡で優しく洗いトリートメントをつけて油分をしっかり補給します。

 

日中に失われた油分は夜にしっかり補給しましょう。

 

関連記事:『お家ケア』正しいトリートメントのつけ方とは?

 

きちんと毎日、完全に乾くまでドライヤーで乾かす

 

洗い流さないタイプのヘアオイルトリートメントも必須です。

 

ドライヤーで乾かす前に、1、2プッシュのオイルを髪になじませてから完全に乾くまで乾かしてください。

 

縮毛矯正後の髪は水分を嫌います。

 

油分を補給して、しっかりと脱水させておきましょう。

 

ご来店お待ちしています。

 

LINE@予約 or ネットからのご予約された方限定のサービスとなります。

LINEはこちらです

ネット予約からのキャンペーンクーポンはこちら

ご来店をお待ちしていますね!

Instagramインスタグラム

RELATED POST関連する記事