お湯いらず、充電20分でOKの『エコ湯たんぽ』は冷えやすい女性の必需品です。

よく読まれています

17views
17views
17views
16views

今日はとんでもなく寒い朝でした。


フロントガラス凍ってるし。。

小野市の今朝の気温はコチラ。

これだけ寒いと出かけるのも辛いし、一度冷えるとなかなか体が動きづらくなりますね。

特に手足とか冷えてしまうとなかなかあったまりにくくなってしまう。

女性にとって冷えは大きな悩み。

ついに当店でも冬のレギュラー 『ストーブ』が登場しました。

 

 

そして、お越しになられたお客様にはこちらもご用意しております。

『エコ湯たんぽ』

 

このエコ湯たんぽは本物のお湯を入れて温めるのではなく

電源プラグで充電して使う湯たんぽです。

お湯を沸かして入れるという煩わしさはないので使い勝手がいいアイテムです。

しかも20分の充電で温まると言うし、

お湯を沸かして使用する湯たんぽと比べると本当にエコですね。

 

膝の上に置いたり、手足を当てて温めたり、

腰付近に置いたり、

もちろん就寝時の布団の中でも使用できます。

 

カイロとしては3〜4時間
アンカとしては6〜8時間となっています。

充電1回あたりの電気代は2、5円と、

本当にエコですね。

 

形状はこんな感じ。

中に袋が入っており、その中身は弱塩化ナトリウム水溶液が入ってます。

つまり薄めの塩水ってこと。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masuyama.jpg” name=”増山”] 触り心地はプヨンプヨンと、とても気持ちい感触で癒されます。。。 [/speech_bubble]

 

使い方はとてもカンタン♪

外側のカバーを開けるとコードの差し込み口があり、

電源プラグをコンセントに挿すだけ。

充電中は立てかけたり、傾けたりせず水平な場所に置いて充電します。

そして充電中は使用を控えます。

そして20分間充電すれば使用OKです。

短時間で温まるのも使い勝手がいいですね。

実際この記事を書きながら膝元にはエコ湯たんぽを置いていますが

充電したてはかなりしっかり温まります。
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masuyama.jpg” name=”増山”] お腹周りまで熱が伝わってくるので部分的にあったまるだけでなく、

その周辺までじわ〜っと温まって幸せ。 [/speech_bubble]

 

今朝はこの湯たんぽを通勤時に使いました。

最近の朝はかなり冷えてて、いつも車に乗った時はなかなかすぐに車内が温まらず、かなり車内で寒い思いをしていますが

湯たんぽを膝元に置いていると足元までじんわりと温まります。

信号待ちの時にはハンドルを握って冷たくなった手を温めています。

ただし、水溶液が入っているので座布団のようにお尻に敷いたり、踏んだり押さえつけないように使う方が良さそうです。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masuyama.jpg” name=”増山”] 布団の中に入れて寝るのは大丈夫そうですね。
[/speech_bubble]

エコ湯たんぽは販売用も取り揃えております。

自宅のリビング、就寝時、勉強中、作業時、

車の通勤、などなどいろんな場面で使い道がありますので

寒い時に暖を欲しい方や冷えやすい方にはオススメですよ。

Instagramインスタグラム

RELATED POST関連する記事