キレイな髪にするヘアカラーのコツとは?

よく読まれています

17views
17views
17views
16views

【カラーは1回1回の積み重ねが大事】

キレイな髪を作るには質の高いヘアカラーがかかせないと思っています。
ヘアカラーが全く入ってない純粋な黒髪も、キレイだと思うのですが

僕個人としては、ヘアカラーによる髪の明るさや色の風合いなどから雰囲気や質感がイイ感じにその人の良さを際立たせてくれます。

染める目的は、

白髪を隠す

プリン状態の根元を修正する

色落ちの修正

ムラの修正

などなどありますが

これらの目的を満たすだけの染め方は

マテリカヘアーでは行っておらず、

カラーで髪をキレイに見せる

というのがヘアカラーの目的ととらえています。


ヘアカラーは

【漂白作用】と【染色作用】とを同時に行ってます。

漂白作用は髪の色素を脱色する

染色作用は色素を定着させる
この二つの働きがバランスよく作用します。

そしてその2つの働きを

染める前の髪の状態

仕上がりイメージ

髪の色素の残り具合

にあわせてコントロールする。
これがプロにしかできないクオリティです。


でも毎回毎回髪色を変えるといったり

染める前の状態を何も考えずに色をのせるという行為は愚行。
ほんと訳わからない仕上がりになっちゃいます。
前回、前々回、そのまた前回…のヘアカラーの積み重ねが【今】の髪色を構成しています。


本当にキレイな髪色とは

目的の色を目指してブレずに

ひたすら1回1回色素を少しずつのせて積み重ねていくことで完成します。
だからこそホームカラーが1度でも入るとキレイ髪のヘアカラーは完成しなくなる
難しいとおもいます。
僕も施術する側としてブレずにカラーを積み重ねていく提案をひたすらしていきますが、

完成させるにはお客様もブレずにカラーで通っていただく必要がありますから。

キレイな髪にしたい!

それにはブレずに目標のカラーの積み重ねをする。

コツコツと。
人の成長にも、大事なコトですね♪

Instagramインスタグラム

RELATED POST関連する記事