年齢によっても髪質は変化するからこそ、どういったお手入れが必要なのか?という話

よく読まれています

14views
12views
10views
8views

髪がキレイ

IMG_8866.JPG
こちらのお客様は以前から髪が傷みやすいのが大きなお悩みだったそうです。

 

髪が傷むとパサパサでまとまらないし扱いにくいし見た目も残念な感じになります。

 

 

なぜ髪は傷むのか?


髪が傷むのはいろんな原因があります。

 

パーマ、カラーの化学ダメージ

コテ、アイロン、ドライヤー

紫外線

シャンプーなどなど。

 

 

しかし、傷みが増していく1番大きい原因は

 

「年齢とともにダメージをうけやすくなる」

 

 

年齢と共に、髪は段々と弱くなり、受けるダメージから守れなくなっています。

 

 

年齢と共に髪はどういう風に変化いくのか


女性の多くは30代あたりでホルモンバランスが変化してきます。

 

さらに妊娠出産などもホルモンに大きな影響をあたえ、髪質が変化します。

 

 

具体的には、

白髪を発見した

クセ、うねりがでてきた

髪が抜けることがある

パサつきが気になり始めた

 

 

とまあ、

悩みの初期段階が発生します。

 

そして、

 

40代では

 

白髪がより多くなった

クセやうねりがきつい

分け目がめだつ

ハリコシの低下、ボリュームがでない

トリートメントしてもすぐパサパサになる

など、

より悩みが深刻になります。

 

 

30代の髪のケア方法は?

 

30代では髪の変化に気づき始めた初期段階。

 

ここでのケアは主に「予防」

をこころがけましょう。

 

紫外線からの予防、

乾燥からの予防、

熱ダメージからの予防など

 

髪頭皮を外的要因からしっかり守る必要があります。

 

 

具体的には、髪頭皮のUV対策アイテムや、コテ巻きの前の洗い流さないトリートメントが、役立ちます。
また、このタイミングで簡単でもいいから頭皮ケアを始めるのが良いでしょう。

ヘッドスパはまさにベストの頭皮ケアです。

 

 

40代の髪のケア方法は?

 

40代になると、以前から気になってた症状が深刻になる段階。

 

ここでのケア方法は「質の改善」

質とは中身のこと。

 

つまり、髪の内部、頭皮の内部を満たすケアです。

 

クセ毛には質感改善のトリートメントと、地肌の皮膚に弾力を与える頭皮用のトリートメント、

 

白髪には地肌や髪に負担の少ないオーガニックカラー

 

白髪抑制のサポートをする頭皮の育毛剤

 

髪の芯を補強し潤わせてハリコシ、柔らか、ツヤのある髪づくりをしていきましょう。

 

 

ホームケアでは、

シャンプー、洗い流さないトリートメント、頭皮の育毛剤などをきっちり使用し、

 

サロンでは月1~2ヶ月に一度のヘッドスパで

頭皮、髪には質の改善トリートメントを施すのが良いでしょう。

 

 

キレイなサラサラ髪は女性にオーラを与えます

 

髪がキレイだと女性を輝かします!

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s

既にダメージなどでお悩みの方ももちろん大丈夫!

 

キレイな髪作りの習慣さえ出来てしまえば

今までと、全然違う自分に変身し、

女性の魅力がアップします!

 

みなさんの髪や頭皮にあったケアを一緒に考えましょう٩(ˊᗜˋ*)و

Instagramインスタグラム

RELATED POST関連する記事