【令和2年】今年も12月がやってきました。12月は髪を切って厄払いをし、運気を高めて新年を迎えましょう!

よく読まれています


デザインカラー、ハイライト、グラデーション、インナーカラー、トリートメント縮毛矯正、ストレート縮毛矯正、オッジィオット、炭酸泉ヘッドスパなら小野市のヘアサロン マテリカヘアーデザイン

↓↓24時間対応インターネット予約↓↓

ご予約やヘアスタイルに関するご相談はLINEからも便利です

 
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
 

 

 

こんにちは。マテリカヘアー の増山です。

 

令和2年度も残すところあと1ヶ月

今年もやってきました、マテリカヘアー にとって最も重要な12月

12月はたくさんのお客様がヘアサロンをご利用していただけます。

僕たちとしてはご利用いただきますたくさんのお客様の髪を2020年度内に少しでもいいから髪先を切り落として整える『髪納め』と新年に向けて髪を美しい状態にする『髪支度』をオススメしております、

お客様には髪納めと髪支度により綺麗な状態で2020年度を終え、新年を迎えていただきたいと思っております。

 

 

 

にはいろんな想いやエネルギーが蓄積すると言われ、悪いエネルギーも溜まるもの

 

髪の毛には念や人との因果が絡まっており、エネルギーが集まる場所と言われています。

日々過ごす中でも自分自身の想いやエネルギーが少しずつ溜まっていきます。

ですが日々いろんなストレスを抱えてしまうこともあり、そうすると悪いエネルギーも溜まっていくこともあります。

自分自身に溜まるエネルギーは、髪に宿るため、悪いエネルギーも髪に蓄積してしまっています。

 

【髪納め】で悪い念を切り落とす

悪いエネルギーは髪を切ることで、日々積もった悪い念を切り離すことができるため

自分自身の厄払いになります。

少しでもいいので年末に髪を切る【髪納め】をすることで、今年の悪いエネルギーや厄を断ち切ることができるのです

 

 

新年に向けての【髪支度】で運気を高める準備

髪に宿る悪いエネルギーを断ち切ったあと、髪を綺麗にすることで

新年の良い運気を呼び込みやすくなり、運気上昇に繋がります。

ヘアカラーで根元から毛先まで色を整え、

トリートメントで毛先までツヤのある美しい髪に仕上げる【髪支度】で2021年の運気を高めることができるのです

 

髪を切る時って?

普段、みなさんが髪を切る時は、『髪が伸びて扱いにくくなったから』『毛先のダメージが気になったから』

などのタイミングが挙げられますが、そのほかにも

・心機一転したい時

・変化が欲しい時

・自分にとって節目の時

といった『何か変わりたい』、『何か変えたい』、『そのためのきっかけが欲しい』

そんな時に髪を切ることも多くあります。

 

 

なぜ12月に髪を切るのか?12月に髪を切ることの意味

12月は年度の切り替わりのタイミングでもあります。

そのため、みなさんは自分自身にとってどんな一年だったかを振り返りますね。

そこには自分への反省や賞賛もあり、さらに来年に向けての決意表明や抱負、目標を掲げて
来年への期待を高める時になります。

 

12月は色々と切り替えをするタイミング。

 

そんな12月に髪を切って美しい状態に整えることは自分自身に溜まった悪いエネルギーを落とし、
来年の期待を高めて運気をあげるためにも最適なのです。

 

髪には自分自身の魂が宿る

古来より髪には魂が宿ると考えられてきました。

髪の毛は死んだ細胞とは言われていますが、
東洋医学では「髪は”血の余り”でできている」と考えられており、れっきとした人体の一部。
髪とはその人自身であり、髪にはその人の魂が宿るとされています。

 

人間は生きていく過程で、嫌なことや辛いことにも遭遇します。

そんな時に発生するマイナスのエネルギー、邪気や悪い念などが髪の毛に溜まってしまうことがあります。

スピリチュアル的に見ると長い髪の毛というのは、邪気や悪い念を多く溜めやすいのです。

髪の毛にはさまざまな念がこもりやすいので、
髪の毛を切ることで、悪い念や厄を切り落とし、厄を払うことができます。

そして、古い自分を髪とともに切り捨てると、新しく生まれ変わったような気持ちになり、
新年の運気が上昇し、未来の幸福につながるでしよう。

 

 

年末に髪を切ることこそ重要なので、ハサミを祈祷してもらいます

先日ですが、毎日使っている髪を切るためのハサミをお寺でお清めの祈祷してもらいました。

これは私が昔よりずっと続けていることの1つで、

毎年年末になると懇意にさせていただいているお寺にハサミを持って行って、一年間使い続けた道具に対する感謝の気持ちと
多くの人との関わりに対する感謝の気持ち、お清めの意味を込めてお寺でじっくりと読経していただきます。
包丁やハサミなどの刃物は悪いものを断ち切るという意味があり
昔から厄除けに使われています。

厄年にも厄を断ち切ると言われており、刃物で厄を払い、幸運を切り開くと言われております。

そんなハサミを毎日使っているのですが

ハサミ自身も厄を纏ってしまわないように
年1回ですが12月になると感謝の気持ちを伝える意味でお寺にてお経をあげて頂き、
しっかりとハサミをお清めしてもらい、運気を高めてもらっております。

 

髪に宿る人々の厄を断つハサミだからこそ
自分自身が毎日使う仕事道具だからこそ

ハサミに溜まった1年の厄を祓い、厄除けの力を高め
皆様の厄を断って新年の開運効果を高めたいと思います。

 

12月は最大限営業します

毎年、私増山は12月は全ての休みを返上してお客様のためにご予約時間を開放しておりましたが

今年は子供が誕生し、まだまだ小さく家庭のためにも時間が必要ですので、

今年度は、少しお休みもいただきます。

 

ですが、皆様のためにも精一杯時間を確保し、予約時間を解放したいと思いますので

月曜日でも火曜日でもご予約を承ります。

年内にこそ髪を切ることで皆様の厄を断ち、

新年の運気を上昇させるための『髪納め』『髪支度』をさせていただきます。

普段は定休日の月曜日や火曜日にもご遠慮なくお申し付け下さいね。

スタッフのみんなには休んでもらっているので
基本的に私1人での対応となりますが

1センチでも5ミリでもいいので、髪を切って

自分自身のこれまで溜めてきた厄を断って髪納めをし

髪をキレイにして新たな運気を取り込むための準備である『髪支度』
をしましょう。

 

さらに
私の左手の手相は運気強めのますかけ線です。

 

この手と、

清められた『厄除けハサミ』で皆様の厄を断ちます。

2020年末の【髪納め】と【髪支度】で
訪れた人々が皆幸せに巡り合えるよう
精一杯心を込めて、髪を切らせて頂きます。

髪を切ることは、古いものを断ち切って新しいものを受け入れる流れをスムーズにしてくれます。

髪を清め、身も心も清めて新たな年を迎えて行きましょう!

運気上昇、

金運アップ、

商売繁盛、

健康祈願、

合格祈願、

家内安全、

平和祈願、

なんでもOK

 

髪を切ることは、知らぬ間に残ってしまった古いエネルギーや悪運とお別れして、新たな運を開くのにとっても有効です

私の今までの経験上、人は転機の前に髪を切りたくなることがとても多いようです。

新年を迎える前に切りにこられる人も多いですし、
新しい何かを迎える前に髪を整えることで、気持ちもリセットするでしょう。

 

髪を切ることは、古いものを断ち切って新しいものを受け入れる流れをスムーズにしてくれます。

 

髪を清め、身も心も清めて新たな年を迎えて行きましょう!

ぜひご来店お待ちしておりますね。

 

 

 

 

インターネットからの予約ができるようになりました!

↓↓ご予約やご相談等はLINE@からもお気軽にどうぞ!!↓↓

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)