お風呂上がりにやってはいけないこと!3つ!!

よく読まれています


デザインカラー、ハイライト、グラデーション、インナーカラー、トリートメント縮毛矯正、ストレート縮毛矯正、オッジィオット、炭酸泉ヘッドスパなら小野市のヘアサロン マテリカヘアーデザイン

↓↓24時間対応インターネット予約↓↓

ご予約やヘアスタイルに関するご相談はLINEからも便利です

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

小野市 美容院 マテリカヘアーデザイン の西井美亜里です!!

前回は、NG洗髪をご紹介させていただきました!

4つのNG洗髪!

今日は、NGな乾かし方です(Ŏ艸Ŏ)

■ドライヤー要注意!枯れ髪が進行するNGな乾かし方3つ

髪の傷みを防止するには、洗髪方法だけでなく、髪の乾かし方も意識してほしいです。
以下は髪の傷みを招きやすいので、注意してくださいね。

(1)洗髪後すぐに乾かさない
 
洗髪後、しばらく部屋の中でゆっくりしてから髪を乾かす人もいますが、実はNG。
 
濡れているときの髪はキューティクルが開いた状態なので、紫外線やエアコン等の外部刺激を受けやすく、髪の傷みを招いてしまいます。
 
髪が濡れている時間を極力短くすることが、ツヤツヤの髪を守る秘訣です。
 
髪を洗った後は、早めに乾かすことが大切です。
(2)ドライヤーと髪の距離が近い
 
髪を乾かすとき、ドライヤーと髪の距離が近い人も少なくありません。
近すぎるとドライヤーの熱で髪が傷んでしまうこともあります。
ドライヤーは髪と15センチ程度離して使用するのがおすすめです。
 
 
(3)十分に乾いていない状態で寝る

(1)でもご紹介した通り、濡れている髪はキューティクルが開いていることから、傷みやすい状態です。
 
濡れたままの髪や、湿った髪のまま寝ることで、枕と髪が擦れたり、髪同士が擦れたりして、髪がどんどん傷んでしまいます。
 
また、濡れたままの状態で寝ると頭皮に雑菌が沸きやすく、かぶれや嫌なニオイを招いてしまうこともあります。洗髪後は、しっかりと髪を乾かして寝ることが大切です。
 
 

以上、髪がどんどん傷んでしまうNG洗髪習慣をご紹介しました。これらを参考に、ツヤのある美髪をキープしてくださいね。

 
 
早く乾かす方法はこちらです♡↓

ドライヤーでいつもより早く髪を乾かす方法とは?

インターネットからの予約ができるようになりました!

↓↓ご予約やご相談等はLINE@からもお気軽にどうぞ!!↓↓

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

The following two tabs change content below.
西井美亜里

西井美亜里

二児のmama美容師です。 毎日仕事や育児をしてオシャレやキレイを楽しめていない人の為にお手伝いさせていただきます。ヘアー&ネイルでママもオシャレをして楽しく過しましょう。