市販のカラー剤が及ぼす影響をまとめてみました・・・

よく読まれています

ヘアケアや技術の事から日常プライベート、近隣のお店情報まで、お役立ち記事をお届けします

デザインカラー、ハイライト、グラデーション、インナーカラー、トリートメント縮毛矯正、ストレート縮毛矯正、オッジィオット、炭酸泉ヘッドスパなら小野市のヘアサロン マテリカヘアーデザイン

↓↓24時間対応インターネット予約↓↓

ご予約やヘアスタイルに関するご相談はLINEからも便利です

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ご覧いただきありがとうございます。
 
小野市美容室マテリカヘアーデザインの時本です。
 
近年益々勢いを増す「自宅で出来るセルフカラー」
薬局のみならずコンビ二でも見かけますよね。
 
そんな市販のカラー剤ですが、身近な存在ゆえに、こんな弊害があります。

「頭皮に湿疹が出来て痒くてたまらない」

「仕上がりの色味にムラがある」

「髪の毛がパサパサになった」

 
皆さん一度は聞いた事ありますよね。

何故市販のカラー剤より美容室のヘアカラーの方がいいとされるのか

 
想像してみて下さい。
市販で買う風邪薬と病院で処方されたお薬。
どちらが好印象でより効果が早く現れると思いますか?
 
僕は明らかに後者だと思います。
手間と値段は掛かりますが第一に「費用対効果」を優先したいからです。
 
そしてセルフカラーと美容室のヘアカラー。
最大の違いは「使い手の技術に合わせた成分の違い」と言うことです。

我々美容師は髪と頭皮のコンディション、仕上がりのイメージに合わせてお薬を選定・配合する事が可能です。
 
もちろん頭皮の保護、塗布の手順を考え、ムラの無い仕上がりにする様心がけます。

一方で市販のカラー剤は・・・

ブリーチ作用が極端に強い

市販のカラー剤の場合、塗り分けということが前提条件として入っていません。
なので髪全体に対するブリーチ作用(脱色する力)が非常に強くなるような成分配合になっています。
 
このことは、髪にダメージを与えるとともに、髪のコンディションによっては刺激が強すぎたり、逆に色が入らなかったりする為、染めムラの原因になってしまいます。
 
さらに、髪のダメージをカバーする為に配合されているトリートメント成分が、逆に染ムラを助長しております。

市販製品の中でも特に危険なのが泡カラー


 
クリーム状に比べて、泡状になるとより滑らかになり、隙間をぬって内部に浸透しやすくなります。
 
という事は、
染まりやすい=頭皮が過剰に反応してしまい、強い刺激を与えてしまう事になります。
 

刺激物でシャンプーをしているようなものです。
 
 
「美容室のヘアカラーと市販のカラー剤との違い」は永遠のテーマかと思いますが、全く異なる対極に位置すると言う事、そしてその影響力をこの記事を通じて皆様の今後のライフスタイルにご活用していただければ幸いです。
 
長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

インターネットからの予約ができるようになりました!

↓↓ご予約やご相談等はLINE@からもお気軽にどうぞ!!↓↓

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

The following two tabs change content below.
時本栄助

時本栄助

ヘアカラー&ヘアケアマスター 女性の雰囲気やライフスタイルに似合わせたヘアカラーとカットが得意です。 自宅で出来るセルフスタイリングのトップアドバイザー。 シーン別に合わせた髪型の作り方やコテ、アイロンの自宅での使い方など、ご相談ください。 男性のパーマやカットも得意ですので、是非お越し下さい。